どんスク ブログ

当ブログは、どんぐりスクールに関係のある
いろいろな人たちによって書かれています。
投稿内容自由・更新不定期
自由気ままなどんスクブログをお楽しみください。

投稿者プロフィールは「+ PROFILE」よりご覧いただけます。

どんスクブログ

世の中はおもしろい

 久々のブログです。
 いろいろ目まぐるしくときが過ぎていき,バタバタとしていました。

 

 それにしても世の中はおもしろいですね。
 昨年度まで長らく引き受けていた仕事が今年度自然消滅になり(まあ当然なのですが),少しゆっくりしようかなと思っていたら,それを聞きつけたかのように(そんなわけはないのでしょうが),別の会社から仕事の依頼が来ました。「世間は広く,世の中はさまざま」という意味のことわざ(捨てる神・・・)がありますが,本当にその通りですね。

 

 あっちこっち移動しながら,そういった仕事もこなしています。

| いっとく先生 | 06:14 | - | -
眺めるだけの勉強は意味がない

 今日はセンター試験1日目です。天気が大荒れの模様です。

 とにかく早く自宅を出て試験会場へ向かいましょう。

 

 ところで,入試直前期に気をつけることは??という質問を多く受けます。

 私がよく言うのは「眺めるだけの勉強は意味がない」ということ。正確な理解と暗記をいつも心がけましょう。

 

 さあ,がんばって。

| いっとく先生 | 02:50 | - | -
HDD(ハードディスク)ケース
 昨日,パソコンに関するブログをアップしたら,検索にたまたま引っかかったという方から質問メールを頂きました。こんなこともあるんですね。

 質問内容は,HDDを4つ使っているということですが,何に入れているのか?です。

 お答えしましょう(笑)
 私のパソコンは記憶媒体が2つまでしか内蔵できないので(スリム型のパソコンケースです),そのうちの1つをシステム用にSSDにして,残り1つにHDDを内蔵させています。残り3つのHDDは,ラトックシステム RAIDケース(HDD 2台用) 品番:RS-EC32-U3RWS を2つ買って,これに入れています。このRAIDケースはかなり出来がいいと思います。ということで,4−3=1 より,空きが1つあります。RAID構成が可能なケースですが,RAIDにはせず,シングルモードで動かしてフォルダミラーリングでリアルタイムで同期しています。RAIDをまったく信じていない私です。

 ちなみに,SSDは SanDisk SSD Extreme PRO 480GB です。
 HDDは,最近は HGST Deskstar NAS しか買っていませんね。

 ということで,パソコンが苦手な人にはちんぷんかんぷんなブログになりました。
| いっとく先生 | 11:18 | - | -
Windows10 は使いやすい
 かなりバタバタしていて,またまた久しぶりのブログ更新になりました。

 さて,時間を見つけてなにをしたかというと,パソコン環境の整備です。
 いまだに WindowsXP のパソコン(ネット環境からは外していましたよ)が残っていたどんぐりスクール。
 こういったことをすべて一新させようと,メインパソコンを Windows10 にしました。

 はっきりいって,Windows10 はかなり使いやすいですね。
 メインパソコンは Windows10 Pro 64ビットにして,メモリは16GBに。
 OSはSSDで動かして,HDD(計4つ,すべて HGST Deskstar NAS 4TB)はRAIDを組まずにフォルダミラーリングをおこなうことで,データバックアップも万全。というか,RAIDってバックアップ目的で使ってはいけませんね。ろくなことになりません。

 出張用のモバイルパソコンは Windows7 の32ビットなのですが,味を占めた私はこれも Windows10 の64ビットにアップグレード(32ビットから64ビットへはクリーンインストール)して,メモリを 8GB に増設。それだけでなく,ハードディスクもSSDに換装して,かなり処理速度が速いパソコンになりました。
| いっとく先生 | 11:29 | - | -
学習効果の高いテキストを作る意味
 一昨日,うれしいことがあったので,久々のブログ更新を兼ねてご報告。

 出版社から,私が数年前に書いた塾専用テキストがまた10万冊の累計販売を突破したと連絡がありました。
 塾専用テキストは執筆者を明らかにしないで販売するものなので,採用してくださっている多数の塾に配慮して具体的な書名は明かしませんが,何はともあれ,自分が書いた本が10万人の子どもたちに使ってもらえたのは何ともうれしいことです。

 いつも思うのですが,「どのような教材を」「いつ使うか」で子どもたちの成績は大きく変わります。「いつ使うか」は執筆者がタッチできない部分なので,私にできることは「どのような教材を」作るかです。

 学習効果の高いテキストと低いテキストはまちがいなく存在します。子どもたちが一生懸命努力して勉強しているのに,それに報いることができないテキストなんて絶対に作りたくありません。

 店売品(書店で販売される本)と異なり,塾専用テキストは,それを選ぶ人が「塾や学校の先生(しかも決定権を持っている人)」という業界のプロですから,テキトーに作ったものはすぐにバレてしまい,結局すぐに売れなくなります。一方,全身全霊,自ら持てる力をすべて出し切って作ったテキストは毎年コンスタントに売れ続けます。

 つまり,店売品よりも塾専用テキストのほうが評価が厳しく,かつ評価が明確なわけです。

 今年も3冊の執筆を予定しています。
 学習効果の高いテキストになるように頑張ります!!

 なお,よく質問される「私が店売品に手を出さない理由」は以下のブログに以前書きました。
 http://blog.dongurikorokoro.com/?eid=1220163
 
| いっとく先生 | 10:40 | - | -
デモで政治が変われば,それこそ民主主義の否定
 過日,安保法案が可決された。私がそれに賛成か反対か。そんなことはどうでもいい。ここで取り上げたいのは,マスコミがこぞって報道した安保法案反対のデモについて。

 民主主義とは,多数決にもとづく間接民主制を土台に据えている。ゆえに,主権者が政治に参加する機会は選挙しかない。先の衆院選で,安倍首相は集団的自衛権の行使を認めることを公約に掲げていた。そのうえで,自民党が圧倒した。日本国民は,この事実を忘れてはいけない。つまり,日本国民が集団的自衛権の行使を認めたことにほかならない。これが民意だ。

 そんなことは知らないって。それは許されない。くり返すが,主権者である私たちの政治参加の機会は選挙だけだ。その選挙で,だれがどのようなことを考え,何を実行しようとしているのかを知らないなんて。無責任にも程がある。少なくとも,将来を背負う子どもたちは,そんな無責任な人間になってほしくない。

 マスコミは連日安保法案反対のデモを報道したが,まちがってもそんなことで政治が変わってはいけない。それこそ民主主義の否定である。まあ,変わるわけもないが。

 本当に安保法案に反対する人たちは,次の選挙で勝つしかない。反対派を勝たせるか。自分たちが出馬するか。どちらにしても簡単なことではない。だけど,それが民主主義というものだ。
| いっとく先生 | 06:30 | - | -
人は人のために生きてこそ人
 受験というものに携わって早20年の月日が経ちました。私自身,受験と教育は別物という認識を持っていますが(教育というものの私なりの言葉の定義はここでは触れませんが),「人を育てる」という点は両方とも同質です。

 先日,ある本を読んでいたら,豊臣秀吉が発した(とされる)「人は人のために生きてこそ人」という言葉を目にしました。
 その通りだと思いました。

 人は何のために生きているのか?という問いに,「自分が幸せになるため」と答える人がいます。なるほど。確かにその通りでしょう。しかし,自分のまわりにいる人たちが幸せでないのに,自分だけが幸せになることは可能なのでしょうか。私は「まずもって不可能」だと確信しています。
 結局,人の幸せを追い求めていくことが自分の幸せに「あくまで結果的につながる」。そう思うのです。

 私は子どもたちの受験を通して,子どもたちや保護者の方々の幸せを追求したい。それが私にできる社会貢献であり,かつ,私がプロとして自負できる点,もっといえば自分の存在意義,自分は何のために生きているのか?の答えだと思っています。
 
| いっとく先生 | 07:30 | - | -
難治てんかん−署名活動のご案内

 私の知り合いの子どもが難治てんかんです。
 先日,署名をしてほしいと私を訪ねてきました。

 くわしくはこちらから(署名活動の中心的な方のブログだそうです)。

 自分の子は健常児だから自分には関係ない。
 そんなことを思う人は,どんぐりスクールのホームページなんて見てくださっていないはず。
 そう思って,この署名活動をご案内します。

 要望書提出のための署名をこちら(pdfファイル)からダウンロードできるようにしました。

 多くの方々にご協力を頂くことで,日本未承認の薬の早期導入が実現し,ドラベ児をもつ家族の選択肢が少しでも広がれば幸いです。

 追伸 署名活動に関する代表的なご質問はこちらに載っています。


 どんぐりスクール 畠山
 

| いっとく先生 | 07:43 | - | -
どんぐりスクールはどこでしょう



 社会貢献活動の一つして,どんぐりスクールはACジャパンに参加しています。その事務局から「正会員の社名でACの文字を形づくった」と連絡が来ました。
 さて,どんぐりスクールはどこでしょう。

 探すときはこちらから。

 

| いっとく先生 | 07:55 | - | -
時事用語が激増している

 久々のブログです。
 

 ここ1か月ほどは,子どもたちから「合格したよ」という連絡を多く頂きます。うれしい限りです。


 私のこの時期の仕事といえば,各校・大学などから送られてくる実入試問題を解くこと。
 感じたことは,たとえば英語についていえば,時事用語の出題頻度が激増したなぁーと。
 RMBって何かわかりますか。これは中国の通貨単位,人民元ですね。working maternity leave はなんとなくわかるでしょうね。出産による有給休暇のことです。社会学系では,NEET(ニート)や,unwed mother(未婚の母)なんてものもありました。

 こういう入試問題ってとてもいいなぁと思うものも多くありました。
 

| いっとく先生 | 10:15 | - | -
トップページへもどる