どんスク ブログ

当ブログは、どんぐりスクールに関係のある
いろいろな人たちによって書かれています。
投稿内容自由・更新不定期
自由気ままなどんスクブログをお楽しみください。

投稿者プロフィールは「+ PROFILE」よりご覧いただけます。

どんスクブログ

ワールドカップブラジル大会について思うこと
  久々にブログを書こうと思ったのは,卒業生からメールが届いたからです。
 「いつもブログを見ていますが,何も書かないんですね。」と。面目ない。
 何か状況に変化があるときにはメールをくれます。うれしいことです。

 さて,テーマは何でもよいのですが,せっかくなのでワールドカップブラジル大会について。

 結果についてとやかく言うことはしない。
 ただし,一つだけ気になることがある。
 昨日,日本代表が成田空港に帰国したその中に,主将の長谷部と本田がいなかったこと。

 報道によると,ブラジルでチームを離れたというが,こういう単独行動を許す,またはこういう単独行動を認める環境にある。まさにこれが弱いチームの証明だと思う。

 決勝トーナメント進出を前提にスケジュールが組まれているはずだから,日本に帰国できない状況ではないはず。いや,どんな事情があったにせよ,日本代表としてチームとして日本にチーム全員で帰国すべき。それをしない長谷部と本田の2人はいかがなものか。そして,それを許す日本サッカー協会も・・・。

 前回のワールドカップ南アフリカ大会で決勝トーナメント進出に導いた岡田監督の持論は,「登録メンバー全員が戦う気持ちでないと勝てない」だと聞いている。
 私もそう思う。日本人選手の個人としての能力なんて世界から見ればたかが知れているのだから,チームとして能力を発揮するように努めなければならない。
 そのとき,最も重要となるのは,個人ではなく,チーム全体の雰囲気作りだ。

 一方,退任を表明しているザッケローニ監督は,香川や長友らといっしょに日本に戻ってきた。監督としての評価は専門家に譲るとしても,人間としては紳士だと思った。

| いっとく先生 | 09:49 | - | -
トップページへもどる